ショスタコーヴィチ 歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人 」(Wiener Staatsoper)

さて、今晩は今回の旅行の最後の公演。ショスタコーヴィチの「ムツェンスク郡のマクベス夫人 」は初めて観る。

スキャンダラスといえば、これほどスキャンダラスな作品もなかなかないだろう。「サロメ」などよりも遥かに。テーマは陰鬱でグロテスクだ。また見たいか?と尋ねられたら微妙だが、とにかく目と耳は惹きつけられて飽きることはなかった。こういう作品がスターリン施政下のソ連(1936年)で公開されたというのも驚きだ。(案の上、公開後厳しい批判に晒されたようだけど。)

主要キャストは、地方の資産家に嫁いだが鬱々として生活に倦んだ人妻、強面の舅(実は嫁に邪(よこしま)な恋慕を抱いている)、そして不倫相手(という生易しい感じではないが)の女たらしで流れ者の労働者。

人妻役のソプラノ(Eva-Maria Westbroek)はオランダ出身の歌手。この役が当り役らしく堂に入ったものだ。後で調べたら、数少ないDVD/BDとしてマリス・ヤンソンス指揮/コンセルトヘボウの演奏でオランダ国立歌劇場公演のものが発売されている。

舅役のバスは、スキンヘッドのいかつい面構え。歌手とは思えない悪役顔で迫力がある。不倫相手役のテノールは名前からしてロシア人かと思ったら、そもそもの出自はともかく本人はモンタナ州出身のアメリカ人だという。ということで、主要キャストにロシア人はいない。

オーケストラは、木管三管編成でヴァイオリンは12本づつ、ヴィオラが10本、チェロ7本、コントラバスが8本並ぶかなり大きな編成。これに大掛かりなバンダ(金管)が舞台に上がる。問題のスキャンダラスなシーン(要はセックスシーンなのだが)はこの編成全部でけたたましく強奏する。あからさま、といえば余りにあからさまな音楽だ。

それにしても、ここのオケピットにも女性奏者が増えた。前夜の「フィガロ」でも9人を数えたが、今日は14人も居た。ヴァイオリンが7人、ヴィオラが2人、チェロが1人、コントラバスが1人、フルートが1人、オーボエが1人、ファゴットが1人。そのうちセカンド・ヴァイオリンにトップサイド、ファゴットがトップだった。

今週は18世紀のモーツァルト、19世紀のワーグナー、20世紀のショスタコーヴィチのオペラを3〜4日の間に聞いてしまった訳だ。やはり、チョッと疲れましたね。

Dmitri Schostakowitsch
LADY MACBETH VON MZENSK

Wiener Staatsoper
03 May 2017, Wednesday
19:00 - 22:15

Ingo Metzmacher, Conductor
Matthias Hartmann, Director
Volker Hintermeier, Set Design
Su Bühler, Costumes
Teresa Rotemberg, Choreography

Boris Ismailow, Wolfgang Bankl
Katerina Ismailowa, Eva-Maria Westbroek
Sergej, Brandon Jovanovich

 

f:id:butcher59:20170511234658j:plain

f:id:butcher59:20170503221804j:plain

f:id:butcher59:20170503210910j:plain

f:id:butcher59:20170503221844j:plain

 

 

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」(Wiener Staatsoper)

「指輪」が二夜続いた後に「フィガロ」は、ひと心地着く。やはりワグネリアンにはなれないか? それにしても「フィガロ」の重唱は楽しい。

何と言っても、スザンナ役のヴァレンティナ・ナフォルニータがいい。ほとんどビブラートのない声に透明感があるし、姿形もはまっている。実は、2014年のザルツブルクの「ドン・ジョバンニ」でこの人のツェルリーナ役を観ているが、あの時もとても良かった。

アルマヴィーヴァ伯爵夫人は中国人ソプラノのGuanqun Yu。悪くはなかったと思うが、スザンナ役のコケティッシュさに上手く対抗軸を張れなかった感じ。いずれにしても、欧米の一流歌劇場で東洋趣味抜きのレパートリーでアジア人がメインキャストを張るのは難しいんだろうなと思う。

実は、2015年のザルツブルクでも「フィガロ」を観ている。その時には2014年の「ドン・ジョバンニ」で今晩のスザンナ役のナフォルニータと共演したレポレッロ役のルカ・ピサローニとドナ・エルヴィラ役のアネット・フリッシュが、アルマヴィーヴァ伯爵夫妻役で出ていて、とても良かった。だからそのふたりと、今回のナフォルニータのスザンナというキャストが、今僕の一番観たい「フィガロ」という気がする。

今晩の席はまたしても、いつに無く上席。下手2階のボックス席の最前列。すぐ下にはオケピットが臨めて楽しい。オケの音がそのまま飛び込んで来るので、歌とのバランスが悪く感じたが、それはまた贅沢な話。じきになれた。

すぐ隣りは日本人の若いカップル。どうやら新婚旅行らしい。それで「フィガロの結婚」観劇とは洒落たものだが、女性の方が「この席って、相当ないい席じゃないの?」と無邪気に男性の方に囁いていた。奥さん、そうです。相当いい席です。

Wolfgang Amadeus Mozart
LE NOZZE DI FIGARO

Wiener Staatsoper

02 May 2017, Tuesday
19:00 - 22:30

Adam Fischer, Conductor
Jean-Louis Martinoty, Director
Hans Schavernoch, Set Design
Sylvie de Segonzac, Costumes
Fabrice Kebour, Lighting

Conte d'Almaviva, Adam Plachetka
Contessa d'Almaviva, Guanqun Yu
Susanna, Valentina Naforniţa
Figaro, Carlos Álvarez
Cherubino, Kate Lindsey

 

f:id:butcher59:20170510220341j:plain

f:id:butcher59:20170502211153j:plain

f:id:butcher59:20170502210001j:plain

f:id:butcher59:20170502204539j:plain

 

 

 

ワーグナー 楽劇「ワルキューレ」(Wiener Staatsoper)

確かに「ラインの黄金」は序夜に過ぎないのかも知れない。「ワルキューレ」は俄然面白い。メインキャストの6人が歌い倒す。我らが藤村実穂子も頑張っていたが、特に印象に残ったのは、フンディング役(バス)のAin Angerと、ブリュンヒルデ役(ソプラノ)のPetra Lang。

Ain Angerはエストニア出身。長身で姿形も声も迫力がある。経歴を見るとシュターツオパーのアンサンブルメンバーだった所為もあるのか、アンコールの拍手も一番受けていた。ウィーンの公演のキャストを見ていると東欧やバルト三国出身の歌手は多い。

Petra Langは、キャリアの初期はリリック・ソプラノだったが途中でドラマティック・ソプラノに転向し、今やワーグナー歌いとしてバイロイトの常連だという。後から経歴を見て驚いた。とても54歳とは思えない。

終幕のブリュンヒルデが炎に包まれてゆくシーンは、プロジェクション・マッピングの技術が効果を上げている。

2回の休憩を挟んだとはいえ、これだけ濃密な迫力ある舞台を4時間余り観るのは、さすがに疲れた。

Richard Wagner
DIE WALKÜRE

Wiener Staatsoper
01 May 2017 Monday
17:00 - 21:45

Peter Schneider, Conductor
Sven-Eric Bechtolf, Director
Rolf Glittenberg, Set DEsign
Marianne Glittenberg, Costumes

Siegmund, Robert Dean Smith
Hunding, Ain Anger
Wotan, Tomasz Konieczny
Sieglinde, Camilla Nylund
Brünnhilde, Petra Lang
Fricka, Mihoko Fujimura

 

f:id:butcher59:20170510215108j:plain

f:id:butcher59:20170501220327j:plain

f:id:butcher59:20170501230203j:plain

ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」(Wiener Staatsoper)

今日、明日は「リング」の前半「ラインの黄金」と「ワルキューレ」を二夜続けて上演するという魅力的なスケジュール。チケットがなかなか取れずにやきもきしたが、エージェントに頑張って貰って何とか取れたのは、平土間5列めといういささか身分不相応な席。音響的にも、ワーグナーであればもう少しオケピットから離れて、音が練れたところの方が良いのに、とこれは贅沢な話。

指揮のペーター・シュナイダーは今回が初めてだが、演出のスベン-エリック・ベクトルフという人は、2014年の夏に初めてザルツブルグに行った時に「ドン・ジョバンニ」を観て面白かった。ストレート・プレイから出た人らしく、キャストも芝居として違和感無く楽しめた記憶がある。

今回もそうだった、と言いたいところだけれど、ひとりだけフレイア役の歌手(Caroline Wenbornというオーストラリア人のソプラノ)が見た目、渡辺直美にそっくりな雰囲気なので気になって仕方がなかった。フレイアという役はフリッカ(ヴォータンの妻)の妹で美の女神、その美しさゆえに巨人族が執着してヴォータンと揉める、という役なので余計に「えっ?」という感じ。まぁ、オペラではよくある話だけれど、そういうイメージが出来ると頭から離れなくて困った。後で調べてみたら、バイロイトでも同じ役をやるというから、相当な実力者なのだろうけれど。げに恐ろしきは先入観。

キャストの中で、ひときわ異彩を放っていたのは、ローゲ役のNorbert Ernst。正直なところワーグナーは余り真面目に聞いたことがなかったので、こういうキャラクター俳優の様な役回りのテノールは新鮮。この人もバイロイトでもそれと知られた有名な歌手らしい。

さて、今回は藤村実穂子さんを初めて生で聞いた。フリッカ役で今晩と明日の「ワルキューレ」に連続して出る。「ラインの黄金」と「ワルキューレ」に共通する主要キャストであるヴォータンとフリッカだけれど、今回ヴォータン役は変わるので、唯一同じキャストという大事な役。オレ様のヴォータンに対して分別盛りの妻役がはまっている。欧州の第一線で本当に活躍している唯一の日本人歌手といっていい人だし、とりわけワーグナーの様な重厚な作品で認められているのは素晴らしい。

Richard Wagner
DAS RHEINGOLD

Wiener Staatsoper
30 April 2017, Sunday
19:00 - 21:30

Peter Schneider, Conductor
Sven-Eric Bechtolf, Director
Rolf Glittenberg, Set DEsign
Marianne Glittenberg, Costumes

Wotan, Egils Silins
Loge, Norbert Ernst
Fricka, Mihoko Fujimura
Erda, Okka von der Damerau
Alberich, Jochen Schmeckenbecher
Mime, Wolfgang Ablinger-Sperrhacke

f:id:butcher59:20170510221440j:plain

f:id:butcher59:20170510221447j:plain

f:id:butcher59:20170430184809j:plain

f:id:butcher59:20170430214115j:plain

ウィーン・フィル定期演奏会(Musikverein)

さて、今日は夜のオペラの前にウィーンフィルの定期演奏会。

いつもながら、ムジークフェラインの日曜日の朝のコンサートは特別だ。窓があるホールなので、明るくて独特の雰囲気がある。

今回の席はなかなか取れなくてハラハラしたが、上手2階のバルコニー席の一番舞台から遠いところ。舞台は下手側が3分の1も見えないけれど、音は問題無い。むしろ壁際の席なので、椅子を舞台側に向けて聞き易く座れる。チケット・エージェントの方が「バルコニー席(3列ある)は、最前列が取れないなら2列目より壁際の3列目がお勧めですよ」とアドバイスしてくれた意味が判った。

ウィーンフィルでモーツァルトのシンフォニーを生で聞くのは2回目だけれど、ムジークフェラインでは今回が初めて。

マエストロ・ブロムシュテットは今年90歳を迎えるらしいが、相変わらず背筋が伸びて姿勢も演奏も至って端正だ。ウィーンフィルにデビューしたのは80歳を過ぎてから、アーノンクールの代演だというから驚きだ。それ以来度々ウィーンフィルに招かれている。

90年代の前半、私は仕事でサンフランシスコの郊外に暮らしていたが、その時期はブロムシュテットがサンフランシスコ交響楽団の音楽監督をしていた時期と重なる。(もうかれこれ四半世紀も昔しの話だ!)その頃も何度かブロムシュテットの指揮を観ている。今日はそれ以来目にしたマエストロの雄姿だ。

モーツァルトも良かったが、やはりブルックナーが素晴らしかった。ブロムシュテットのは「生真面目な熱さ」というのは、ブルックナーにとても合っている様に思う。

それにしても、この指揮者なら100歳でも現役って、あり得るんじゃないかしら。

Sonntag-Matinée der Wiener Philharmoniker Nr. 8
30 April 2017
11:00 Großer Saal, Musikverein
Wiener Philharmoniker
Herbert Blomstedt

Programme

Wolfgang Amadeus Mozart
Symphonie Es-Dur, KV 543

Anton Bruckner
Symphonie Nr. 4 Es-Dur, WAB 104, "Romantische"

 

f:id:butcher59:20170430131630j:plain

ウィーン、日曜日の朝。

日曜日の朝、ウィーンは快晴。気温は8°だが体感温度は12°あるというから、正に「春うららか」。1年振りのウィーン。思えば、去年のゴールデンウィークのウィーンは小雨混じりで、うすら寒かった。

カフェでゆっくりコーヒーを頂いたら、11時から楽友協会でウィーンフィルの演奏会。プログラムは、モーツァルトの39番とブルックナーの4番のシンフォニー。夜は、国立歌劇場で「ラインの黄金」。久し振りのウィーンフィル・ダブルヘッダーが楽しみです。

f:id:butcher59:20170430094721j:plain

f:id:butcher59:20170430092650j:plain

トーンキュンストラー管弦楽団演奏会(Musikverein)

ウィーンに到着してから3日目。夕方になってやっと少し青空が見えて来た。夕陽に映えるムジークフェラインが美しい。

f:id:butcher59:20160503184925j:plain

ムジークフェラインでの演奏会は、ほぼ2年振り。今回、初めてトーンキュンストラー管弦楽団を聞いた。指揮者は音楽監督の佐渡裕。日本への「音楽監督就任記念」ツアーを前にした演奏会になる。

プログラムは、ハイドン(交響曲第8番「夕」)、メンデルスゾーン(ヴァイオリン協奏曲)とリヒャルト・シュトラウス(「英雄の生涯」)。どういう脈絡の構成かは知らないが、結構面白かった。

このうち、日本に持って行くのは「英雄の生涯」だけ。前プロは同じハイドンの交響曲だが、三部作(「朝」「昼」「夕」)の最初になる第6番の「朝」。中プロ(協奏曲)は、メンデルスゾーンに代えて、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲かピアノ協奏曲が入る。メインは「英雄の生涯」か、ブラームスの交響曲第4番というプログラム。

ハイドンの交響曲は100曲以上もあるけれど、勿論知っている曲は圧倒的に少ない。特にひと桁台の番号の作品などは全く聞いたことがなかったし、どんな若書きの作品だろうと想像したが、なかなか面白い。ハイドンがエステルハージ候のオーケストラの副楽長になって、そのオーケストラの名手たちをフィーチャーしたとかで、各楽器のソロが多い。「バロックの合奏協奏曲を模して」という解説もみたが、むしろハイドンの弦楽四重奏曲にも共通する清澄な響きがして魅力的。

メンデルスゾーンのソロを弾いたクリスチャン・テツラフという人は名前こそ知っていたが、今回初めて聞いた。最近この曲をまともに聞いていなかった所為もあると思うが、良く耳にする思い入れたっぷりに弾かれがちな冒頭の第1主題を、弾き飛ばすくらいに素っ気なく弾くので肩透かしを食らった。後からCDで出ている別の演奏を聞いてみたら同じ様な弾き方なので、このソリストの好みなのだろう。もっとも冒頭の主題以外は、むしろ丁寧な弾き方をする人で好ましい。

さて「英雄の生涯」。正直、肝心の冒頭の主題の掴みがちょっともの足りない様な。もっとけれん味を利かせてくれてもいいのに、と思わないでもなかったけれど。ヴァイオリンの独奏はコンサートマスターのオランダ人女性。ハイドンの交響曲でも独奏があったがしっかりした気持ちの良い音のする人だ。

このオーケストラについては、佐渡さんが音楽監督になったことで日本でも有名になったが、「100年以上の歴史のある名門オケ」という紹介がある一方で、「ウィーンでは所詮、ウィーンフィル、ウィーン響、放送響の次の四番手だ」というネット雀の口さがない評判も目にした。まぁ、そういう評判はあてにならないし、どうでも良い。私自身は概して好感を持てた。

ひとつだけ確かに思うのは、指揮者にとってはムジークフェラインを(準)本拠地にして、音作りが出来て演奏会が出来るというのは魅力的だろうな、ということ。

今回の席は、上手2階のバルコニー席の中ほど。1列目なので、視界も問題無いと思ったら、並びの左側(つまり舞台に対して、私の席より後方)の高齢のご婦人が、私が少しでも身を乗り出そうものなら「見えない」とわざわざ手を出して制してくるのには参った。お陰でステージの3分の2くらい(指揮者も含めて)はまともに見えなかった。私の右側の人まで注意していたから、筋金入りのうるさ方だ。

Tuesday, 3. May 2016 19:00 Musikverein

Tonkünstler-Orchester Niederösterreich
Yutaka Sado, Dirigent
Christian Tetzlaff, Violine
Lieke Te Winkel, Solovioline

Program:

Joseph Haydn
Symphonie G-Dur, Hob. I:8, „Le Soir”

Felix Mendelssohn Bartholdy
Konzert für Violine und Orchester e-Moll, op. 64

Richard Strauss
Ein Heldenleben. Tondichtung für großes Orchester, op. 40

f:id:butcher59:20160503214242j:plain