ウィーン

コンツェルトハウスも、ムジークフェラインも「アン・デア・ウィーン」?

テアター・アン・デア・ウィーン(Theater an der Wien)は「ウィーン川沿いの劇場」という意味。 ウィーン川はドナウ川の支流だが、市街に近づくとコンクリートで底も岸も固められて、途中からは暗渠になってしまっていて、いわば下水路。それでも市立公園…

ウィーン・カフェ巡り

カフェ巡りウィーン編はこれにて締め括り。どれも有名どころばかりで今更「穴場紹介」もないけれど、やはり良いところは良い。何が良いかというと、居心地がね。■カフェ・モーツァルト (Cafe Mozart) いわずと知れたシュターツオパー(国立歌劇場)裏の老舗…

美白中?

今回、天気の良い日にリンクを歩いていると良く判ったが、リンク沿いの代表的な建造物が随分と白くなっている。ウィーンを最初に訪れたのはもう20年前。この前に訪れたのは2003年の秋。シュターツオパー(国立歌劇場)はもう2003年にはそういう印象を受けた…

訂正:花の名前

ウィーンに咲き残っていた花を「ライラック」と言ったけど、あれは「マロニエ」だった様です。お詫びして訂正します。

ウィーン・カフェ巡り

そんな1日の過ごし方なので、カフェはかなり貴重なポイント。いろいろ巡りたいと思ったけれど、ホテルやオペラハウス/演奏会場の近所とか、結局気に入ると繰り返しいったりして、別に「穴場」など見つかりはしなかったけれど。今回ひとりで旅してみると、カ…

ウィーンのカフェ:WiFi事情

今回の旅行にもPCを持参した。最近は会社のPCがシンクライアントでファイアウォールやネット規制ガチガチなので、プライベートの旅先では使い物にならず、かと言って、やはり「絶対に会社のメールは見ない」とも割り切れず、結局会社のPCと自分のとを両方持…

調子に乗って、大失敗

WiFiのついでに、通信ネタをもうひとつ。今度は間抜けな失敗談。 この旅行の少し前に、携帯電話をiPhoneに切替。面白がって遊んでいた。そのノリでヨーロッパへ。iPhoneですからね、電話で使うよりはインターネットマシンとしての使い方が主。一番使ったのは…

オペラ #5 「トスカ」(シュターツオパー)

Tosca Opera in three acts Music by Giacomo Puccini Libretto by Luigi Illica and Giuseppe Giacosa, based on Victorien Sardou's drama, La Tosca Wien Staatsoper Conductor: Pier Giorgio Morandi Director: Margarethe Wallmann Scenography and Cos…

ウィーンを発つ

ウィーンの街は朝から雲も無い快晴。気温も25℃くらいまで上がって初夏の陽気。本当に名残惜しいけれど、今日はウィーンを発つ日。演奏会の報告もその他の小ネタもいろいろ書き掛けだけど、取敢えずけじめとして空港からアップします。(写真とは違ってオース…

演奏会 #3 アーノンクール指揮/ウィーンフィル「ハイドン/交響曲第93&103番、チェロ協奏曲第1番」(ウィーン・コンツェルトハウス)

今日(5/9)は、コンツェルトハウスの演奏会とシュターツオパーの「トスカ」のウィーンフィル準ダブルヘッダー。■ウィーン・コンツェルトハウス このコンサートホールは映像では何回もお目に掛かっているものの、実際に訪れたのは初めて。ムジークフェライン…

オペレッタ 「メリーウィドウ」(フォルクスオパー)

シュターツオパーが取れない穴埋め、という事で取ったフォルクスオパーの「メリーウィドウ」だったが、正直「ごめんなさい」という気持ち。いやぁ、面白かった。久し振りに「泣いて、笑って」という観劇。筋立ては3幕もの。休憩は一幕と二幕の間だけで、二幕…

演奏会 #2 プレートル指揮/ウィーン交響楽団(ムジークフェライン)

Thursday, 7 May 2009 19:30 - Grosser Saal, Musikverein Wiener Symphoniker The ladies of der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien Georges Pretre, conductor Ludwig van Beethoven: Symphony No. 7 in A - major, op 92 Claude Debussy: Three Noct…

ウィーン、晴れ。

昨日、ブダペストから再びウィーンへ戻る。その前のウィーンも、ブダペストも、そんなにスッキリとした天気とならず、どちらかと言えば薄ら寒い日々が続いていた。昨日、戻ったばかりのウィーンは雨さえシトシト降っていて、ひとり旅にはちと裏寂しい天気。…

演奏会 #1 バレンボイム指揮/シュターツカペレ・ベルリン「マーラー/交響曲第9番」(ムジークフェライン)

Sunday, 3 May 2009 11:00 - Großer Saal, Musikverein Staatskapelle Berlin Daniel Barenboim, Conductor Gustav Mahler: Symphony No. 9 D-Major 今日はムジークフェラインでシュターツカペレ・ベルリンの演奏会。バレンボイムの指揮でマーラーの交響曲第…

オペラ #2 「ポンテの王ミトリダーテ」(テアター・アン・デア・ウィーン)

■Theater an der Wien 今回の旅行では、二つのオペラハウスとひとつのコンサートホールに初めて行く計画だ。ウィーンのテアター・アン・デア・ウィーンとコンツェルトハウス、ブダペストのオペラハウス。そのうちの最初がテアター・アン・デア・ウィーン。こ…

ウィーン第1日 #3:市民庭園〜王宮庭園〜シュターツオパー

さてそれから、市民庭園や王宮辺りを散歩しながらシュターツオパーに向かう。もう何回目か(5回目か?)のウィーンだが、市民庭園を散歩したのは初めて。エリーザベト王妃の彫像があると聞いていたがそれにも初めてお目に掛かる。公園の奥まったところに、前…

ウィーン第1日 #2:今日はメーデー!

ホテルを出ると、どこかから演説らしい声が聞こえて来る。声の在り処は市庁舎前の広場。今日はメーデーだった。野外コンサート宜しく広場に大きなステージが組まれて、そこで人々が代わる代わる演説をしている。残念ながらドイツ語で判らないけどね。 ◆市庁…

ウィーン第1日 #1:ちょっと寒い?

朝、薄ら寒くて目を覚ます。エアコンの調子がおかしいらしい。係りに見て貰っても埒が開かず、メンテナンスを呼んで直すという。実は先週末に日本で風邪を引いたらしくて、気にしていたが、殆ど治ったとホッとしたところだった。なのにチョッと喉が痛い。(…

ウィーン第1日 #4:エアコンの結末

ホテルの部屋に戻ったら寒い。廊下より寒い。思わず電話でフロントに文句を言う。係りの者を送るから、と言うので待つが誰も来ない。しびれを切らしてもう一度電話をすると「今行ったから」。それって「蕎麦屋の出前」って言うんだ、と教えてやった、という…

オペラ #1 「フィデリオ」 ウィーン国立歌劇場

Fidelio Wiener Staatsoper 1 May, 2009Conductor: Adam Fischer Director: Otto Schenk Set Designs: Gunther Schneider-Siemssen Costume: Leo BeiFlorestan: Peter Seiffert Leonore (Fidelio): Petra Maria Schnitzer Don Pizarro: John Wegner さて今回…

ウィーン・カフェ巡り #1:カフェ・フロイエンフーバー (Cafe Frauenhuber)

ぶらぶらと歩くうちにお昼も過ぎたので取敢えず昼食を取りにカフェへ。シュターツオパー脇のケルントナー通りをシュテファン寺院の方へ向かい、途中で右に折れて1ブロックほどいったところにあるのが「カフェ・フロイエンフーバー」。開業しているウィーンで…

ウィーン到着:空港の両替所には気をつけろ?!

ロンドンからの出発も、ウィーンへの到着も結局時間通り。結局日本から全て時間通りにウィーンに着いた。ただいずれにしてもウィーンの空港に着いたときには、もう夜の10時を回り、ホテルにたどり着いたのは12時近く。日本時間では5/1の朝7時。自宅を出てか…

やっぱり我慢できない?!

例のチケット・エージェントから再びフォローアップの電話。 「現地から、プレミアム付きであれば確保出来る、との確認有りました」ですって。ほとんど我慢出来ない感じ。かつて知り合いが言った名言「いくら海外オペラカンパニーが来日しても、オペラハウス…

やっぱり高い!

一昨日リクエストを掛けたチケット・エージェントから電話連絡があった。やはり直接買付けは無理だけれど、プレミアムを覚悟すれば取れるだろうとのこと。で、どのくらいの「プレミアム」かというと40ユーロの席が3倍くらいするらしい。40ユーロくらいだと「…

チケットが取れない!

GW旅行の準備は、ウィーン国立歌劇場のチケット取りを残すのみ。各公演1ヶ月前からオンラインで購入出来るということで、公演日順におもむろに買っていく筈だったが...最初の「フィデリオ」は無事購入。続いて「ワルキューレ」「ジークフリート」「トスカ」…

GWはウィーン、ブダペストへ!

「勤続25周年(!)」の褒賞休暇ということで、この3月までに10日間の有給休暇を余分に貰える事になっていた。グズグズしてまだ消化出来ていないのだけれど、どう考えても3月末までには取れそうにないので、取り敢えずGWの後半に少し休みを増やしてヨーロッ…