生演奏で白血病の症状が大幅改善 ウィーン・フィルで実験

【ウィーン6日 共同通信
 世界的に有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のバイオリニストらが白血病患者の病室で生演奏する実験を行ったところ、血圧の低下が持続するなど症状が大幅に改善したとウィーン医大の研究チームが発表した。ストレス軽減効果があったとみられる。地元メディアが6日までに伝えた。

 実験は2年前に始まり、骨髄移植を受けた患者15人とバイオリニストら楽団員6人が参加。移植手術の数日後、楽団員がそれぞれ病室を訪ねてベッド脇で約20分間、バッハなどの曲を演奏した。

 患者の緊張は音楽とともにほぐれ、演奏中から血圧が下がったほか、心拍数も安定し、その状態は演奏後も続いた。演奏はCDに録音され、患者がCDを聴いて演奏を思い返すたびに良好な結果が出たという。患者からは精神的な効用を強調する声が上がった。

 チームは「白血病患者は膨大なストレスを抱えているが、15人全員から非常に前向きな反応が得られた」と説明。楽団員らも「コンサート会場にいるよりも(聴き手との)強いきずなを感じた」と話しているという。

ウィーンフィル」ネタは、このオーケストラを「当団」と呼ぶ知人の専門分野だけれど、今朝こんな記事を見つけた。然もありなん。僕も血圧が低い方ではないし、ストレスを覚えることが多いから良く判る。というより、そういう自覚症状のないままに良い音楽に触れると、何かがほぐれていく事で自分の疲れやストレスに今更ながらに気付かされる。

もっとも、合点の行かない演奏(必ずしも「下手な演奏」ということではなく)を聞くと却って大きなストレスになる訳だけど。