ケースカバー、キーボード、保護フィルム

実はiPadを買った時に、併せてキーボード付きの充電デッキとケースカバーも買った (どちらも純正品)。今回のiPad購入の目的のひとつは出張時にも携行したいから。仕事で使うPCは、会社支給のHDDレスのシンクライアント。ネットのスクリーニングがガチガチで、ブログやインターネットメールも開けられない。かと言って、ネットブックも持っているがこちらはかなり厚みがあって嵩張る。PC2台を持ち歩くのは、正に荷が重い。その点、iPadの薄さは魅力的。これなら何とか2台ブリーフケースに収まる。(まぁ衝動買いの言い訳ですけど) でもやはりケースカバーは付けたいし、画面ポップアップのキーボードはやはり使い辛い。

まずケースカバーはかなりタイトな造りでiPadの薄さを活かしながら、簡単な仕掛けでケースにチルト(傾き)を作ってくれたり、アップライトにしてくれたり、アップルらしくなかなか良く出来ている。

それに比べて、キーボード付きのドックは明らかに失敗。まず純正品同士なのに、ケースカバーを付けたままだとドックに差し込めない。カバーはとてもタイトなので、いちいち抜き差しするのは全く非現実的。結局iPodのコネクター部分のカバーをカッターで左右2cm位づつ切り広げてようやくドックのコネクターにねじ込んだ。でも、薄いとは言えカバーの厚みの分コネクターに不自然な力が加わっている様で不安。第一携帯して持ち歩くのは到底無理。ということで、携帯出来る小型キーボードを改めて探した。結局リュウド(REUDO)というメーカのBluetooth接続のものがコンパクトで良さそうということで、実物を探したがなかなか見つからず、秋葉原のヨドバシカメラでようやく発見。いささかお高いが、意を決して購入。これは正解。iPad本体はケースカバーを折り曲げて角度を付け、このキーボードを前に置けば普通のミニノートブックとして使える。携帯時はキーボードは折り畳むと、ちょっと厚めの文庫本くらいの大きさになる。キーボードにはスリップインのケースが付いているが、ふた代わりに渡してあるバンドが出っ張って不細工なのでこれは切り取ってしまったが、スッキリしていい。

それからスクリーンの保護フィルム。これはiPhoneでの経験から光沢のあるものより、マット(つや消し)なものの方が良いと思っていたので探してみたが、本体を買った時には生憎見当たらず、仕方無く光沢タイプを買ってみたが、やはり指紋の目立つのが気になり、携帯キーボードと一緒に改めて探してマットタイプを付けてみた。やはりこちらの方が指紋は気にならない。まぁその分スクリーンの鮮明さは犠牲にしているとは思うけど。それにしても、保護フィルム1枚で2,000円前後も取るというのは、ちょっと暴利だよね。